ニュース
» 2014年10月23日 08時05分 UPDATE

Gmailの進化系「Inbox」、招待制でスタート スヌーズやGoogle Now機能も

GoogleのGmailチームが、GmailとGoogle Nowの機能を併せ持つ新しい“やること管理アプリ”「Inbox」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月22日(現地時間)、Gmailチームによる新しいアプリ「Inbox」を発表した。GmailにGoogle Nowの機能を盛り込み、Mailboxのようなスヌーズ機能も搭載する“まったく新しいタイプのインボックス(受信箱)”だ。現在は招待制で、Inboxのページから招待を申し込める。

 Inboxは、Android、iOS、デスクトップのChromeブラウザで利用できる。

 inbox 1

 GmailチームはInboxをメールだけでなく、ユーザーが対処しなければならない事項を一元的に管理する場所にすることを目指しているようだ。

Gmailのカテゴリタブに代わる「Bundles」

 「Bundles」は、Gmailのカテゴリ分類タブに代わる、メールの分類方法。タブのように切り替えずに1つのページ内にまとめられたカテゴリをチェックできる。Bundleにはプロモーション、購入、旅行があり、自分で新たなBundleを作ることも可能だ。Gmailのタブと同様に、分類すべきメールを指示することもできる。

 inbox 2 Bundles

メールを開かなくても重要情報が表示される「Highlights」

 注文した商品の発送通知や搭乗するフライトの状況、連絡先にある相手からの写真付きメールなどの場合、メールを開かなくても一覧のままカード状にプレビューできる。例えば発送通知であれば、注文した商品の画像や配送追跡ページへのリンクが表示され、写真付きメールであれば、写真のサムネイルが表示される。

 inbox 3

RemindersとAssists

 メールではなく、自分のためのリマインダーを入力/表示できる。Assistsは、例えばリマインダー入力画面で「レストラン○○に予約を入れる」と入力するとそのレストランの電話番号や電話できる時間帯(営業時間)が表示される機能。

 inbox 4

MailboxのようなSnooze

 すぐには返事ができないメールや対処できないリマインダーは、時計アイコンをタップ(クリック)することで先送り(指定した日時に再表示)できる。再表示のタイミングは大まかにも、細かくも設定できる。

 inbox 5

マテリアルデザインのアプリ

 Inboxのユーザーインタフェースはマテリアルデザインになっており、Chromeブラウザでも利用できるが「モバイルファースト」のアプリだ。

 inbox 6


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -