ニュース
» 2014年10月26日 22時12分 UPDATE

日本のアニメーターに“自由な創作の場”を ドワンゴと庵野監督のカラーが共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」

ドワンゴとカラーが短編アニメを制作・公開する共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」をスタートする。

[山崎春奈 ,ITmedia]

 ドワンゴとカラーは10月26日、東京国際映画祭でアニメーターに“自由な創作の場”をする共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」を発表した。予算と時間が限られた中で作られた短編アニメ作品を毎週公開していく。Webサイトかモバイルアプリ(iOS/Android)から無料で視聴できる。niconicoアカウントは不要。

photo 題字は宮粼駿さん

 表現規制のない“自由な創作の場”を提供することで日本のアニメ制作における企画開発、R&D、人材育成などにつなげていければという。スタジオカラーの社長を務める庵野秀明監督が後進クリエイターの活躍や表現の場が減っていることを危惧してドワンゴの川上量生会長に何かできないかと持ちかけたのがきっかけだったという。

 オリジナル、スピンオフ、プロモーション映像やミュージックビデオなど、ジャンルを問わず、さまざまなアニメーターが決められた予算と時間の中で“愛と勢いで創りきる”短編アニメ作品を毎週金曜日に1話ずつ公開していく。翌週には制作スタッフを迎えて解説番組をニコニコ生放送で配信する。

 第1弾として舞城王太郎さんが監督を手がける「龍の歯医者」を11月7日に公開。今後、現段階では約30作品の公開を予定しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -