ニュース
» 2014年10月27日 17時38分 UPDATE

「かむ」動きを認識するイヤホン型デバイス、ロッテが開発

かむ動きを認識してリズム検出やリモート操作ができるイヤホン型デバイスをロッテが開発した。商品化は未定。

[ITmedia]

 口で何かをかむ(咀嚼する)動きを認識し、それに合わせて音楽を再生したりする――そんなイヤホン型ウェアラブルデバイス「RHYTHMI-KAMU」(リズミカム)をロッテが開発したと発表した。

photo

 通常のイヤホンと同じように耳に装着すれば、かむ行為の「タイミング」「回数」「スピード」を計測する。専用スマホアプリでこれらの動作記録を可視化したり、「素早く2回かめば音楽再生」「もう一度2回かむと停止」――といったリモート操作も行えるという。

 現時点での商品化は未定だが、今後改良を続けて研究分野などでの活用を目指すという。YouTubeではアイドルグループ「HKT48」とのコラボ動画を公開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -