ニュース
» 2014年10月28日 17時49分 UPDATE

リコーの全天球カメラ「THETA」が動画撮影に対応 APIも公開

撮影者を取り囲む全天球イメージをワンショットで撮影できるデバイス「RICOH THETA」の新版が動画撮影に対応。APIも公開した。

[ITmedia]

 リコーは10月28日、撮影者を取り囲む全天球イメージをワンショットで撮影できるデバイス「RICOH THETA」(リコー・シータ)を刷新し、動画撮影に対応した新モデル(RICOH THETA Am15)を11月14日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は3万円台前半(税別)。

画像

 スティック状の小型軽量サイズはそのままに、多くのユーザーから要望があったという全天球動画の撮影が可能になった。撮影後にPCに取り込んだ画像を、専用アプリ内で動画変換することで、最大3分間(合成後)の画像を全天球動画として楽しめる。

 専用スマートフォンアプリと連携させると、Wi-Fi経由での撮影画像の転送や、離れた場所でアプリからシャッターを切るリモート撮影ができる。Wi-Fiによる転送速度は最大約2倍に高速化した。

 サイズは42(幅)×129(高さ)×22.8(奥行き)ミリ、重さは約95グラム。本体カラーは従来からのホワイトに加え、ピンク、イエロー、ブルーをラインアップした。

 専用サイト「theta360.com」では新たにAPI(β版)を公開。ユーザーが独自で専用アプリを開発できる。アプリを開発してもらうことで、同製品の魅力やビジネス用途での可能性などをユーザーとともに引き出したいとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -