ニュース
» 2014年11月08日 16時09分 UPDATE

無料のモバイルOfficeアプリで使えない「プレミアム機能」一覧

「Office 365」のサブスクリプションがないと「Office for iPad」と「Office for iPhone」で使えないWord、Excel、PowerPointの「プレミアム機能」をリストアップした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftのモバイル版Officeアプリ、「Office for iPad」と「Office for iPhone(旧「Mobile Office」)は、11月7日のアップデートで「Office 365」のサブスクリプションなしで文書編集が可能になった。とはいえ、すべての編集機能が使えるようになったわけではなく、利用しようとすると「プレミアム機能」と表示され、「Office 365」のアプリ内購入を促される、無料では使えない機能もある。例えば下の画像は、「Word for iPad」の塗りつぶし機能でユーザー設定の色を使おうとした際の表示だ。

 office for ipad

 「プレミアム機能」の一覧が、本稿執筆現在Microsoftの日本語公式サイトにはまだないので、英語サイトのリストをまとめてみた。

Wordのプレミアム機能

  • セクション区切りの追加
  • 段組み
  • ヘッダーとフッターの別指定
  • 印刷の向きの変更
  • 変更履歴の記録
  • ユーザー設定の色
  • WordArtの追加・編集
  • 画像への「影付き」「反射」の追加
  • グラフの追加・編集
  • 表組みのカラムの塗りつぶし

Excelのプレミアム機能

  • ピボットテーブルのスタイルとレイアウトのカスタマイズ
  • ユーザー設定の色
  • WordArtの追加・編集
  • 画像への「影付き」「反射」の追加
  • グラフの追加・編集

PowerPointのプレミアム機能

  • プレゼン中のスピーカーノートの参照
  • ユーザー設定の色
  • WordArtの追加・編集
  • 画像への「影付き」「反射」の追加
  • グラフの追加・編集
  • 表組みのカラムの塗りつぶし

Office 365 Soloでできること

 日本で販売されている一般ユーザー向け「Office 365」である「Offie 365 Solo」を購入すれば、上記の機能が使えるようになる他、2台のPCまたはMacでプレミアム機能を含むOfficeが利用でき、OneDriveの1Tバイトの無料ストレージ、Skypeから固定電話への毎月60分の通話無料が含まれる。料金は月額1274円、年額1万2744円。

 office 2

 なお米国では、2014年3月27日〜11月6日に「Office 365 Home」あるいは「Office 365 Personal」を購入したユーザーは条件を満たせば料金の一部を払い戻しできる。日本で同様の払い戻しが実施されるかどうかはまだ不明だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -