ニュース
» 2014年11月13日 07時58分 UPDATE

Microsoft、「.NET」のオープンソース化とMac/iOS/Androidアプリ開発対応の「Visual Studio 2015」プレビューを発表

Microsoftがサーバサイドの「.NET Core」のオープンソース化とMac OS XとLinux向け「.NET Server Framework」、クロスプラットフォームのアプリ開発に対応する「Visual Studio 2015」のプレビュー版を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月12日(現地時間)、ニューヨークで開催の開発者向けイベント「Connect()」において、サーバサイドの「.NET Core」の開発スタックのオープンソース化と、Mac OS XとLinux向けの.NET Server Frameworkを発表した。.NET CoreはGitHubで公開されている。

 github MicrosoftがGitHubでソースコードを公開

 Microsoftの公式ブログによると、.NET Coreとは今後の.NETプラットフォームの基礎となるRuntimeとFrameworkを含むモジュラー開発スタックのこと。ASP.NET、.NETコンパイラ、.NET Core Runtime、Framework、Librariesを含む。

 これにより、開発者はWindowsだけでなく、MacとLinux向けのサーバサイドの.NETアプリケーションの開発・ビルド・実行が可能になる。

 また、独立系開発者や学生向けの「Visual Studio 2013」の無償版「Visual Studio Communiti 2013」の提供や、「Visual Studio 2015」および「.NET 2015」のプレビューも発表した。

 Visual Studio 2015は、Windows、Linux、iOS、Androidのマルチプラットフォームで稼働するアプリケーションを開発できる。

 visual Visual Studio 2015のAndroidエミュレーター

 同社は4月の「Build 2014」で.NET関連プロジェクトのオープンソース化を推進する組織「.NET Foundation」を発表したり、「Microsoft Office」のクロスプラットフォーム化を進めるなど、「モバイル第一、クラウド第一の世界のためのプロダクティビティ(生産性)&プラットフォーム企業」(サティア・ナデラCEO)を目指す施策を次々と実行している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -