ニュース
» 2014年11月13日 18時16分 UPDATE

「Let'snote」バッテリー回収、対象機種拡大 11年7月〜12年9月の16万個超を追加

発煙・発火に至る可能性があるとしてバッテリーパックを回収する「Let'note」の対象機種が拡大された。

[ITmedia]

 ノートPC「Let'note」一部機種のバッテリーパックが不具合で発煙・発火に至るとして回収を発表した問題で、パナソニックは11月13日、対象機種を拡大し、2011年7月〜12年9月に製造した16万4736個についても無料回収すると発表した。

photo 対象機種

 新たに、11年7月〜12年9月に製造した「S10」「N10」シリーズと、「SX1」「SX2」「SX3」シリーズ、「NX1」「NX2」「NX3」シリーズ、「H2」シリーズのバッテリーパックの一部ロットが対象に加わった。ただし「SX3」と「NX3」は工場出荷時に同梱していたバッテリーパックは対象外。

 5月の発表時は11年4月〜同年7月に製造した「S10」「N10」シリーズ向けの4万3140個が対象だった。追加により、回収対象は合計20万7876個になる。

 対象機種のユーザーはPCの電源を切ってバッテリーパックを外し、バッテリーパックを同社Webサイトなどで確認するよう呼び掛けている。

 原因は製造上の不具合。13年7月から今年2月にかけ製品や周辺が焼損する事故が起きたとして5月に回収を発表していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -