ニュース
» 2014年11月14日 18時29分 UPDATE

スマホで施錠管理する南京錠、電通ブルーが開発

スマホで施錠する南京錠「246」を電通ブルーが開発した。

[ITmedia]

 電通ブルーは、スマホで施錠管理する“スマートロックサービス”「246(ニーヨンロック)」を発表した。製品の第1弾として、南京錠タイプの「246 Padlock」の予約受付を12月初旬に開始する。価格は1万246円(税別)。

photo

 246 Padlockは南京錠にならった形状や内部構造を採用しつつ、鍵穴を廃し専用アプリを介して開閉管理するのが特徴。通信の暗号化など各種の技術でセキュリティを確保しているという。本革の装飾を施すなど、質感にもこだわった。サイズは129×60×25mm。重さは約98g。リチウム電池で動作し、約半年稼働する。

 同社は246 Padlockを皮切りに、スマホで施錠できるさまざまなタイプの「246デバイス」をラインアップする予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -