ニュース
» 2014年11月15日 07時58分 UPDATE

Skype for Web(beta)でブラウザからのSkype利用が可能に

MicrosoftのSkypeがアプリをインストールしなくてもWebブラウザからサインインして使えるようになる。現在招待制のβ段階だが、IE、Chrome、Firefox、Safariで利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月14日(現地時間)、Webブラウザからサインインして使える「Skype for Web」のβ版をリリースしたと発表した。まだ少人数の招待制で、段階的に提供をローリングアウトしていくという。

 skype 1

 招待されたユーザーは、Webブラウザ(Internet Explorer、Chrome、Firefox、Safariの最新版)でSkype.comにサインインするとβ版が利用可能という通知が表示される。

 SkypeはPC、Mac、iOS、Android、BlackBerry、Xboxで利用できるが、従来はすべてアプリのダウンロード・インストールが必要だった。Skype for WebはWebアプリとして、アプリをインストールせずに利用できる。

 Skype for Webが利用できるようになると、WebブラウザでSkypeにサインインすればアプリと同様に登録済みの連絡先と最新の会話履歴を確認でき、すぐにインスタントメッセージング、音声通話、ビデオ通話をスタートできるという。

 skype 2

 MicrosoftはSkypeとIEで、Microsoftが米GoogleやMozillaなどと取り組んでいるリアルタイムコミュニケーション(RTC)のオープンプロジェクト「WebRTC」の機能を利用できるようにすると発表しているが、Skype for Webのβ段階では、最初にプラグインのインストールが必要だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -