ニュース
» 2014年11月17日 17時06分 UPDATE

後発の勝算は? 楽天、フリマアプリ「ラクマ」発表 (1/2)

スマートフォンで個人間売買できるフリマアプリ「ラクマ」を楽天が公開。先行するライバルも多い市場だが、楽天市場のユーザーベースやサポートのノウハウを武器に浸透を狙う。

[岡田有花,ITmedia]
画像 ラクマ

 楽天は11月17日、スマートフォンで個人間の売買取引ができるフリマアプリ「ラクマ」を11月25日に公開すると発表した。まずAndroid版を公開し、iOS版も審査を通過次第、公開する。

 フリマアプリは、ベンチャー企業のメルカリが運営する「メルカリ」が500万ダウンロードを突破するなど強力なライバルも多い。後発となる楽天は、既存サービスで培ったユーザーベースやサポートのノウハウを武器に、市場での浸透を狙う。

 「ラクマ」は、楽天市場のID・パスワードでログインして利用するフリマアプリ。スマートフォンのカメラで商品を撮影し、簡単に出品できる仕組みで、「最短1分で出品できる」手軽さが売りだ。


画像画像 商品詳細画面(左)と商品説明の編集ページ

 購入希望者は、コメントを通じて出品者とコミュニケーションでき、値下げ交渉も可能。決済はクレジットカードやコンビニ払いなどに対応する(コンビニ払いの税込み216円の手数料が必要)。「楽天市場」の買い物で付与された「楽天スーパーポイント」も利用できる。

 出品時も売買成立時の手数料は無料。売上金は最短で即日、指定の口座に入金できる(1万円未満なら税込み216円の手数料が必要)。売上金を口座に振り込まず、商品購入代金にあてることもできる。

 「楽天オークション」で経験を積んだ人材をユーザーサポートにあててサービスをパトロール。トラブルがあれば介入し、安心して買い物できる場を維持する。購入者が商品を受け取った後に代金が支払われる「エスクロー」も導入し、安心して取引できるとしている。

 サービスの収益モデルは「検討段階」(同社の高橋理人常務)。ユーザーが順調に拡大すれば、出品手数料の有料化や広告の導入なども検討する。

後発だが「運用」で勝負

 ラクマのサービス発表会場で公開されたデモアプリは、「メルカリ」など先行するサービスと同等の使い勝手・機能で、目立った違いは見当たらなかった。「開発期間は3カ月と短く、仕組み自体は誰でも作れる」と高橋常務も認める。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -