ニュース
» 2014年11月17日 18時18分 UPDATE

NEC、次世代ベクトル型スーパーコンピュータを17年に発売へ 数十ペタFLOPS目指す

NECが次世代ベクトル型スパコンの開発を開始。システムの最大性能は100倍以上となる数十ペタFLOPS級を目指す。研究者の個人利用からデータセンタでの利用など、幅広い用途を想定する。

[ITmedia]

 NECは11月17日、次世代ベクトル型スーパーコンピュータの開発を始めたと発表した。ラック当たりの性能は現行のスーパーコンピュータ「SX-ACE」の10倍以上、システムの最大性能は100倍以上となる数十ペタFLOPS級を目指す。

 研究者の個人利用からデータセンターでの利用など、幅広い用途を想定。ビッグデータ市場向けのラインアップも拡充し、2017年に発売する計画だ。

 省電力、省スペース化にも取り組み、消費電力はSX-ACEの10分の1以下、設置面積を30分の1以下に抑える。事務机程度のスペースで利用できるようになり、電気料金も10分の1以下に抑えられるとしている。

 気象予測や航空機設計などの研究開発に加え、画像解析やビッグデータ解析などに市場が拡大すると想定。研究者の個人利用からデータセンターでの利用などさまざまな用途を想定し、幅広い性能レンジのラインアップを提供する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -