ニュース
» 2014年11月21日 10時43分 UPDATE

伝記「スティーブ・ジョブズ」の映画化、ソニー・ピクチャーズが撤退──米報道

主役がなかなか決まらずに難航している「スティーブ・ジョブズ」の映画化からSony Pictures Entertainmentが撤退するとHolliwood Reporterが報じた。Universalが興味を示しており、主役はマイケル・ファスベンダーになりそうという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Sony Pictures Entertainmentは、2011年に映画化権を取得していたウォルター・アイザクソン著「スティーブ・ジョブズ」原作の映画制作から撤退すると、米Holliwood Reporterが報じた。米Universal Picturesが同映画制作の譲渡に関心を寄せているという。

 この映画は、脚本はザッカーバーグを扱った映画「ソーシャル・ネットワーク」の脚本も手掛けたアーロン・ソーキン氏、監督は「トレインスポッティング」や「スラムドッグ$ミリオネア」のダニエル・ボイル氏で進められている。主役のスティーブ・ジョブズ氏の役は二転三転しており、クリスチャン・ベール降りた後、現在はマイケル・ファスベンダーとされている。ファスベンダーは「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」のマグニートー役や「イングロリアス・バスターズ」のアーチー・ヒコック中尉役で知られる。

 jobs マイケル・ファスベンダー(公式Facebookページより)

 配役はまだすべては決まっていないが、スティーブ・ウォズニアック役はセス・ローゲンになるもよう。Hollywood Reporterによると、プロデューサーはスカーレット・ヨハンソンにも出演をオファーしているという。妻のローレンス・パウエル・ジョブズ氏の役だろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -