ニュース
» 2014年11月26日 09時16分 UPDATE

Dropbox内ドキュメントのモバイル版Officeでの編集が可能に

「Office for iPad」とAndroidおよびiPhone版「Office Mobile」でモバイル版Dropboxに保存したファイルを開き、編集・保存できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dropboxは11月25日(現地時間)、11月初頭に発表したモバイル版Office(Office for iPad、AndroidおよびiPhone版「Office Mobile」)でDropbox内のファイルを編集する機能が使えるようになったと発表した。

 最新版のDropboxアプリとモバイル版Officeアプリで、同じMicrosoftアカウントでログインしていれば利用できる。

 モバイル版Dropboxに保存されているファイルを開き、画面下部のメニューで編集アイコン(右から2番目)をタップすると、編集アプリとしてOffice Mobileが候補として表示されるようになる。これを選ぶと、(アップデート後初めて利用する場合)Office MobileとDropboxの連係を許可するよう求められ、OKするとOffice Mobileでファイルが開く。

 office 1 編集アプリの選択肢としてOffice Mobileが表示される(左)、端末でログインしているDropboxのアカウントがMicrosoftアカウントの場合のみ先に進める(右)

 また、Office Mobileのメニューに「Dropbox内のファイルを開く」という項目が表示されるようになり、ここから直接Dropboxのファイルを開くことも可能だ。編集を終えたファイルはもちろんDropboxに保存できる。

 office 2 Office Mobile(Android版)のファイル選択画面(左)と保存先選択画面

 モバイル版Officeをインストールしていない端末のDropboxでOffice文書を開こうとすると、Officeのインストールを促され、許可するとアプリストアにリダイレクトされる。インストール後にDropboxに戻り、上記の行程でファイル編集が開始できる。

 なお、Androidの場合、現時点ではOffice 2007以降で保存したファイルのみ編集可能で、それ以前のバージョンの文書ファイルは閲覧のみ可能。また、これは筆者の環境の問題かもしれないが、Android版Officeで開いたファイルの日本語が文字化けしていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -