ニュース
» 2014年11月28日 09時35分 UPDATE

Google、Androidの標準メールアプリをGmailに統合

Android版Gmailがマルチアカウントに対応したため、プリインストールされている標準アプリ「メール」の役割が終了し、Gmailに統合される。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 gmail

 Android版Gmailがバージョン5.0へのアップデートでマルチアカウントに対応したことに伴い、Androidの標準メールアプリの機能がGmailに移行される。

 Gmailが最新版になっている場合、メールアプリを起動すると、右のような画面で、それまでメールアプリに登録していたIMAP/POPアカウントがGmailに移行されたと表示される。この画面で「□常に行う」の□にチェックを入れると、以降メールのアイコンをタップするとGmailが起動するようになる。

 Gmailはバージョン5.0で、POP/IMAPを使うことでOutlook.com、Yahoo!メール、Exchangeなど、他のメールプロバイダーのアカウントをサポートするようになった。これにより、標準メールアプリの役割は終わったということなのだろう。

 メールアプリはGoogle検索やGoogleゲームなどと同様にプリインストールアプリなので、アンインストールすることはできないが、「無効化」してドロワーに表示させないようにすることはできる。

 無効化するには、[設定]→[アプリ]で「メール」を選択し、「無効にする」をタップする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -