ニュース
» 2014年12月04日 10時00分 UPDATE

「Bluetooth 4.2」発表 2.5倍高速になり、セキュリティも強化

Bluetooth SIGがBluetoothの新バージョンを発表した。AppleのiBeaconなどのセキュリティがより強固になり、転送スピードと省電力性も上がる。また、IPv6への対応強化でIoTを促進する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Bluetooth規格を策定する「Bluetooth Special Interest Group」(Bluetooth SIG)は12月3日(現地時間)、Bluetooth無線技術の最新仕様「Bluetooth 4.2」を発表した。

 セキュリティ、スピード、そしてIoT(モノのインターネット)のための接続性の強化が主な改定ポイントだ。

セキュリティ関連

 新しいセキュリティ機能では、ユーザーの許可なしではBluetooth接続から端末を追跡することができなくなる。例えば米AppleのiBeaconや米SquareのSquare Cashなど、Bluetooth Low Energy(BLE)を採用するサービスが従来よりさらに安全になるとしている。

2.5倍高速化

 「Bluetooth Smart」対応機器同士の接続でのデータ転送速度が従来の2.5倍になり、転送エラーもバッテリー消費も減少する。

IPv6/6LoWPANサポート

 年内に承認予定の新プロフィール「Internet Protocol Support Profile(IPSP)」により、Bluetooth Smart対応のセンサーがIPv6/6LoWPAN経由でインターネットに接続できるようになる。これにより、既存のIPインフラでBluetooth Smartに対応するIoTを含むさまざまな端末の利用が可能になる。

 bluetooth

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -