ニュース
» 2014年12月05日 16時32分 UPDATE

「楽天モバイル」端末拡充 IGZOスマホなど追加 激化するMVNO競争、楽天の生き残り策は

「楽天モバイル」に、IGZOディスプレイを搭載したシャープ製「AQUOS SH-M01」と、Huawei製ファブレット「Ascend Mate7」が追加。MVNO競争が激化する中、楽天グループの資産を生かして差別化していく。

[ITmedia]
画像 フュージョンの池口正剛(左)社長と楽天の島田亨副社長

 楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズがNTTドコモのLTE網を活用して運営するMVNO(仮想モバイル通信事業者)サービス「楽天モバイル」に12月5日、IGZOディスプレイを搭載したシャープ製の「AQUOS SH-M01」と、ファーウェイ・ジャパンのファブレット「Ascend Mate7」が加わり、「ZenPhone 5」(ASUS)とあわせて3種類から端末を選べるようになった。また新たに、端末の割賦販売もスタートした。

 10月に始まったばかりの楽天モバイルだが、格安スマホ市場の競争はますます激しくなっている。今後は楽天グループのサービスや「楽天スーパーポイント」との連携強化などを通じ、競合と差別化していくという。


画像 AQUOS SH-M01
画像 Ascend Mate7

 「AQUOS SH-M01」は、4.5インチフルHDのIGZO液晶ディスプレイを搭載し、ワンセグ・生活防水に対応したSIMロックフリー端末。一括価格は5万2800円(税別、以下同)、割賦なら2130円×24回。一括購入した場合は楽天スーパーポイントが4000ポイントもらえる。

 「Ascend Mate7」は6インチフルHDディスプレイを搭載し、8コアCPU「Hilsilicon Kirin 925」を搭載したファーウェイのフラグシップ機。一括価格は4万8888円(割賦なら1945円×24回)。一括購入した場合は3000ポイントもらえる。

 通信料金と端末代金(割賦)を合わせた月額料金は、高速通信を月2.1Gバイト使える「2.1Gバイトパック」でAscend Mate 7が3545円、AQUOS SH-M01が3730円など。

「何の手も打たなければ価格競争に」

 楽天モバイルは、月1600円からの低価格でLTE通信を提供するMVNOサービスとして10月29日にスタート。契約者数は明らかにしていないが、「着実に伸びている」と楽天の島田亨副社長は話す。


画像画像 渋谷の楽天カフェではタッチ&トライや申し込みが可能に

 ユーザーから「もっとたくさんの端末から選びたい」「端末代金の一括払いは負担が大きすぎる」などの要望を受け、端末ラインアップの強化と割賦販売を導入。「申し込み前に端末に触ってみたい」との声もあり、東京・渋谷の楽天直営カフェ「楽天カフェ」でのタッチ&トライと店頭での申し込み受け付けもスタートした。今後は、月途中でのプラン変更やデータ専用SIMカード販売などにも対応していく。

 格安MVNOへの参入が相次ぎ、競争は激化している。島田副社長は「何の手も打たなければ価格競争になる。楽天グループには多種多様なサービスがあり、楽天スーパーポイントというアセットもある。モバイル画面を通じてこれらをどう提供するか考え、差別化を図りたい。安かろう悪かろうではなく、低価格だが高品質なサービスを提供したい」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -