ニュース
» 2014年12月11日 18時36分 UPDATE

KDDIグループの格安スマホ「UQ mobile」誕生 MVNOの「ドコモ独占」に対抗へ (1/2)

auのLTE網を活用したMVNOサービス「UQ mobile」が誕生。ドコモがほぼ独占しているMVNO市場で、auの存在感を高めていく。

[岡田有花,ITmedia]
画像 菱岡弘社長

 KDDI子会社のKDDIバリューイネーブラーは12月11日、auのLTE網を活用したMVNOサービス「UQ mobile」を18日に始めると発表した。月間2Gバイトまでの高速通信を月額980円(税別、以下同)で提供。今後、他社ブランドでのMVNO提供も進め、3年間で100万回線の獲得を目指す。

 新規参入が相次ぐMVNO市場だが、接続料が最も安いドコモ回線を使うサービスがほとんど。同社の菱岡弘社長は「1社が独占してネットワークの選択肢がないのは公平な競争環境ではない」とし、UQ mobileを通じてau回線の存在感を高めていく。

月間2Gバイト980円から 端末とのセットも

 UQ mobileは、データ通信や音声通話、SMS、テザリングなど基本的なサービスをそろえたMVNO。SIMカード単体のほか、端末とのセットプランも用意し、ビックカメラやヤマダ電機など家電量販店や自社サイトを通じて販売する。

画像 料金プラン

 料金は、(1)月間2Gバイトまで高速データを利用できる「データ高速プラン」(月額980円)、(2)これに音声通話を組み合わせた「データ高速+音声通話プラン」(同1680円)、(3)上り/下り最大300Kbps(2015年12月までのキャンペーン期間は500Kbps)のデータ通信を無制限で利用できる「データ無制限プラン」(同1980円)、(4)これに音声通話を組み合わせた「データ無制限+音声通話プラン」(同2680円)――の4種類をラインアップした。

画像 KC-01(左)とLG G3 Beat

 端末は、4.5インチディスプレイを搭載し、防水・防塵機能を備えた「KC-01」(京セラ製)と、5インチHDディスプレイを搭載した「LG G3 Beat」(LG Electronics製)のAndroidスマートフォン2機種をラインアップ。24回の分割で端末代金を支払う「端末購入アシスト」を利用した場合は、「KC-01」が月額1240円、「LG G3 Beat」が同1450円。

 SIMパッケージ代金は3000円。音声通話は30秒当たり20円。テザリング・SMSは追加料金なしで利用できる。「uqmobile.jp」のメールアドレスを使える「メールサービス」(月額200円)や、端末修理の上限代金が5000円になり、盗難・紛失時の新機種購入時に1万円補てんする「端末保証サービス」(同380円)などをオプションで提供する。

 au回線を使った初のMVNOサービスとしてケイ・オプティコムが展開する「mineo」ではiOS 8/8.1が利用できないが、UQ moibleでも同様に利用できないという。iPhoneが採用するnano SIMにも現時点では対応していない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -