ニュース
» 2014年12月27日 08時22分 UPDATE

Xbox Liveはほぼ復旧、「キム・ドットコム氏との取引で2社への攻撃を終了した」とハッカー集団

「Xbox Live」と「PlayStationNetwork」(PSN)への攻撃を宣言していたハッカー集団が、MEGAUPLOADの創業者でXboxの大ファンのキム・ドットコム氏から持ち掛けられた取引成立で、2つのサービスへの攻撃を終了したとツイートした。その後Xbox Liveはほぼ復旧した(PSNはまだ)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国時間の12月25日からダウンしていた米Microsoftの「Xbox Live」が、26日未明ごろから復旧し、本稿執筆現在、コンテンツの購入以外のサービスはほぼ正常に動作している。

 xbox

 Xbox Liveと同じタイミングでダウンしていたソニーの「PlayStationNetwork」(PSN)はまだ断続的に利用できない状態だ。

 sony

 Microsoftとソニーからはこの障害についての公式な発表はまだない。

 障害発生の際、犯行声明をツイートした「Lizard Squad」を名乗るハッカー集団は、25日の午後4時ごろ、「約2時間前に攻撃を中止した。現在のダウンタイムはただの余波だ」とツイートした。

 kim キム・ドットコム氏

 Lizard Squadは、攻撃を終了したのはMEGAUPLOADの創業者、キム・ドットコム氏との取引成立によるものと説明した。

 Xbox Liveでゲームの「Destiny」をプレイしたいというドットコム氏がLizard Saquadに同氏が運営するクラウドストレージサービス「MEGA」のプレミアムアカウントの提供と引き換えに両サービスへの攻撃をやめてほしいとツイートで持ち掛け、DMでの交渉の結果、300アカウント分のバウチャー(2万9700ドル相当)で取引が成立したという。

 ドットコム氏は自身のTwitterでDMでの交渉の画面ショットを掲載し「クリスマスの奇跡だよ。みんなゲームを楽しんでね!」とツイートした。

【UPDATE】日本時間の27日午後1時現在、Xbox Liveのステータスによると、Xbox Liveが再度つながりにくくなっている。ドットコム氏は“中の人”からの情報として、これはユーザーからのログインリクエストが集中しているからだと説明し、「コンソールの電源を切って1〜2時間待ってからリトライしよう」と呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -