ニュース
» 2015年01月06日 12時15分 UPDATE

由来は「ホリエモンの囚人番号」 CM大量出稿で話題のトークアプリ「755」とは (1/3)

「AKBとも話せる時代になった。新世代のトークアプリ755」――こんなテレビCMを年末年始に見た人も多いだろう。「755」は、堀江貴文氏と藤田晋氏が企画したトークアプリ。著名人と気軽に交流でき、ユーザー数が急増しているという。

[岡田有花,ITmedia]
画像 「755」の高橋みなみ(AKB48)さんのトーク

 「AKBとも話せる時代になった。新世代のトークアプリ755」――年末年始にこんなテレビCMを見た人も多いだろう。「755」(ナナゴーゴー)というスマートフォンアプリのCMだ。年末年始にCMを集中投下し、約10日間で約200万ダウンロードを達成。累計250万ダウンロードを超えたという。

 「755」の売りは、AKB48のメンバーなど著名人と気軽に交流できること。LINEやTwitterに似た使用感だが、これらのサービスとは少し違った独特なコミュニケーションが楽しめる。企画したのは「ホリエモン」こと堀江貴文氏と、サイバーエージェント(CA)の藤田晋社長だ。



Twitterとブログの間? 「755」とは

 「755」の基本は「トーク」と呼ばれる掲示板だ。ユーザーは自身の「トーク」を作成して1人でつぶやいたり、友人を招待して複数人でグループトークできる。トークの内容は全体に公開されるが、参加者が指定した人以外はトークに入ることができない。

 一般ユーザーの主な楽しみ方は、著名人のトーク(1人のつぶやき/グループトーク)を見て楽しむ“のぞき見”だ。気になるトークを「フォロー」すれば更新情報をチェックでき、「やじうまコメント」(やじコメ)機能でコメントを寄せられる。


画像 複数人での対談も可能だ。これは「藤田晋×ホリエモン」のトーク
画像 トーク画面右上の人型アイコンをタップすると表示される「やじうまコメント」(やじコメ)一覧
画像 やじコメに著名人が返信すると、返信の下にやじうまコメントが付く形でトーク画面に表示される

画像 TwitterのRTのようのような「ReTalk」機能では、気になるトークを自分が参加するトーク画面に転載できる。黒バックの発言が「ReTalk」したもの

 投稿された「やじコメ」は、トーク画面からワンタップで開ける専用画面上に表示される。トーク参加者がその画面にアクセスし、「やじコメ」を1つ選んで返信すると、返信と返信元の「やじコメ」が並んでトーク画面に表示される。「やじコメ」は普段トーク画面の“裏”に隠れており、参加者の返信があると“表”に浮上、トーク画面に現れる――というイメージだ。

 「Twitterとブログの中間かな」――サイバーエージェントの藤田社長は自らのトークで、755を使い込んだ感想をこう述べる。トークでの“1人語り”の手軽さはTwitterに似ており、「やじコメ」に返信すると、Twitterの非公式RTのような見え方になる。ただ、あくまでトークが“主”で「やじコメ」は“従”。「やじコメ」は各トークにひもづいてしか存在できず、ブログ記事に対するコメント欄の関係に近い。

 「Twitterは他人(フォロワー)のタイムラインに発言を送り込んでいるかのようですが、755は自分のトークルームでしゃべっているだけです。サイトの構成という意味ではブログに近いですね。見に来たい人だけが見に来るという」(藤田社長のトークより)

 Twitterの公式RTに似た「ReTalk」機能も。他人のトーク上の発言を、自分が参加するトーク画面に転載・紹介できる機能で、ブログのトラックバックのような仕組みになっている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -