ニュース
» 2015年01月14日 16時50分 UPDATE

阪神大震災の写真を地図にプロット 神戸市のオープンデータ活用

神戸市がオープンデータとして公開した阪神・淡路大震災の記録写真を地図上にプロットした「阪神・淡路大震災の記録」を、ESRIジャパンが公開した。

[ITmedia]

 GIS(地理情報システム)ソフト販売などを手がけるESRIジャパンは1月14日、神戸市がオープンデータとして公開した阪神・淡路大震災の記録写真を地図上にプロットした「阪神・淡路大震災の記録」を公開した。


画像
画像

 市が公開した写真のうち、震災発生直後の被害状況を表す1995年1月に撮影された写真と、復旧・復興状況を表す写真をマップと組み合わせ、「ビル・商業施設」「鉄道・駅、道路、みなと」「火災、液状化」「復旧・復興」の4種類を公開。写真の撮影位置は、画像情報をもとに同社がおおよそ街区レベルで特定した。

 震災発生の1995年1月17日から20年の節目を迎えるに当たって公開。「本マップを多くの方々に見ていただくことによって、阪神・淡路大震災の経験を次の世代に継承する一助となれば」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -