ニュース
» 2015年01月14日 18時08分 UPDATE

ソニー、4Kハンディカムに初の「空間光学手ブレ補正」搭載モデル

ソニーは4Kハンディカムとして初めて「空間光学手ブレ補正」機能を搭載した2機種を2月20日に発売する。

[ITmedia]

 ソニーは1月14日、4K撮影対応ハンディカムとして初めて「空間光学手ブレ補正」機能を搭載した2機種を2月20日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は、プロジェクターを内蔵し、EVFを搭載した「FDR-AXP35」が14万5000円前後(税別)、両機能を省いた「FDR-AX30」が13万円前後(同)。春の入学・卒業・行楽シーズンに向け、ファミリー層に積極的に訴求していく。

画像 「FDR-AXP35」

 手ブレ補正幅を従来の約13倍に高める「空間光学手ブレ補正」機能を搭載。ワイドやズーム撮影時でもブレを抑えて安定した高画質映像が撮影できるという。1/2.3インチの裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」と最大広角29.8ミリ(35ミリ換算)のZEISSバリオ・ゾナーT*レンズを採用し、高精細な描写を可能にした。

 従来のAVCHDに加え、プロ用に開発されたXAVC記録フォーマットを民生用に拡張したXAVC Sを採用。新たに4K/100Mbpsのハイビットレート撮影に対応し、細かな動きが多いシーンもノイズが少なく解像度の高い映像が撮影できるとしている。

 サイズは「AXP35」が75(幅)×78.5(高さ)×155(奥行き)ミリ、重さ725グラム(バッテリー装着時)、「AX30」が71(幅)×78.5(高さ)×155(奥行き)ミリ、重さ約685グラム(同)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -