ニュース
» 2015年01月16日 14時09分 UPDATE

クラウド家計簿「Zaim」に公的給付金の自動抽出・医療費控除申請ツール

クラウド家計簿「Zaim」に、国や自治体から受けられる給付金を検索する「わたしの給付金」と、医療費控除の申請書類を生成する「わたしの医療費控除」機能が追加された。

[ITmedia]
画像

 Zaimは1月16日、スマートフォンアプリやWebから使えるクラウド家計簿「Zaim」に、国や自治体から受けられる給付金を検索する「わたしの給付金」と、医療費控除の申請書類を生成する「わたしの医療費控除」機能を追加した。機能をフルに利用するにはプレミアム会員登録(月額300円)が必要。

 「わたしの給付金」は、ユーザーの家計簿データから、受けられる可能性がある給付金を自動抽出するサービス。まずは東京23区と横浜市・川崎市の合計892種類の給付金に対応した。2月以降、県庁所在地を中心に全国展開する。

 「わたしの医療費控除」は、家計簿から医療費控除が受けられるかを自動判定し、「医療費集計フォーム」を自動的に生成。申告書類を準備する手間を大幅に削減できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -