ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2015年01月19日 10時51分 UPDATE

Facebook、ディープラーニング開発環境「Torch」向けモジュールをオープンソースで公開

Facebookが、ニューラルネットワーク技術に特化したオープンソースのフレームワーク「Torch」向けのオリジナルモジュールをGitHubで公開した。従来のコードより23.5倍高速としている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは1月16日(現地時間)、機械学習関連のオープンソース開発環境「Torch」向けのオリジナルモジュールをオープンソースで公開したと発表した。GitHubで入手できる。

 Torchは、Facebookの他、Google傘下のDEEPMIND TECHNOLOGIES、Twitter、NVIDIA、AMD、Intelなどの企業や大学、研究機関などが利用しているディープラーニングやコンボリューショナルネットなどのニューラルネットワーク技術に特化したフレームワーク。

 Facebookの研究機関、Facebook AI Research(FAIR)の研究者でTorchプロジェクトにも参加するソーミス・チンタラ氏によると、これらのモジュールはNVIDIAのcuFFTライブラリ上に構築されており、GPUコンボリューションレイヤーの改善に注力した結果、従来の(公開されている)最速のコードよりパターン認識が23.5倍高速になったという。

 Facebookは2013年12月に人工知能研究ラボを立ち上げ、保有する膨大なユーザーデータの解析に取り組んでいる。

 同社はこれまでにも、ネットワーク技術プログラミング言語MySQLのブランチなどをオープンソースで公開している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.