ニュース
» 2015年01月28日 16時16分 UPDATE

富士フイルムが今期見通しを上方修正 インスタント「チェキ」とXシリーズ好調

富士フイルムホールディングスが15年3月期の業績予想を上方修正。インスタントphoto「チェキ」とXシリーズが好調で、イメージングソリューションの損益が大幅に改善している。

[ITmedia]
photo コンパクト「X100T」も好調という

 富士フイルムホールディングスは1月28日、2015年3月期の連結業績予想(米国会計基準)を上方修正し、営業利益が前回予想から100億円増(+6.3%)の1700億円になる見通しだと発表した。

 円安に加え、イメージングソリューション部門でインスタントフォト「チェキ」が全世界で好調。デジタルカメラの高付加価値モデル「Xシリーズ」も好調に推移した。4〜12月期の同部門の売上高は2765億円と前年同期から横ばいだったが、営業損益は174億円の黒字となり、15億円の赤字だった前年同期から大幅に改善した。

 売上高は2兆4800億円(前回予想比200億円増)、最終損益は1100億円(前回予想比250億円増)となる見透し。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -