ニュース
» 2015年02月02日 08時27分 UPDATE

「Google Earth Pro」が年額399ドルから無料に

Googleが、これまで商用利用者向けに年額399ドルで提供してきた3Dマップサービス「Google Earth Pro」を無料化した。「Google Earth」にはない高度な機能を無料で利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月30日(現地時間)、これまで年額399ドルで提供してきた3Dマップサービス「Google Earth Pro」を無料化したと発表した。

 無料ではあるが、ライセンスキーは必要だ。専用ページの「Download」をクリックすると表示されるサインアップページ(本稿執筆段階ではまだ英語)で電話番号や会社名などの必要事項を入力すると無料のライセンスキーが届く。なお、既存のPro版ユーザーのライセンスキーは自動的に延長される。

 pro 1

 Googleは2005年、「Google Earth」を無料でリリースした際、無料版とは別にGPS端末との連係機能などを持つ年額20ドルの「Google Earth Plus」と、さらに高機能な商用利用向けの年額399ドルのGoogle Earth Proをリリースした。

 Google Earth Plusは2008年に廃止された。無料版にもPlusの多くの機能が追加されたことが理由で、希望ユーザーはGoogle Earth Proを年額99ドルで利用できるようになっていた。

 Google EarthにはないGoogle Earth Proの主な機能は以下の通り。

  • 高解像度の画像印刷
  • 地図作成
  • 距離や面積の計測
 pro 2 3D測定ツール
  • 高精細なカスタム動画作成
  • 最大テクスチャサイズ(レイヤー画像の容量上限)以上のテクスチャのインポート
  • 住所のジオコードの一括作成
  • GIS(地理情報システム)データのインポート
  • GIS画像のインポート
  • 人口統計、地籍、交通状況のデータ表示

 下の動画では、Google Earth上の建設予定地に仮想のビルを3Dで構築し、周囲への影響などをシミュレーションする使い方を紹介している。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -