ニュース
» 2015年02月05日 17時17分 UPDATE

オリンパスから“レンズだけ”デジカメ「OLYMPUS AIR」登場 スマホ連動のマイクロフォーサーズ

オリンパスがスマートフォンと連動させて撮影を楽しめるデジカメ「OLYMPUS AIR A01」を発売。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは、スマートフォンと連動させて撮影を楽しめるデジタルカメラ「OLYMPUS AIR A01」を3月6日に発売する。マイクロフォーサーズによるレンズ交換式で「一眼クオリティ」の写真撮影をスマートフォンアプリから楽しめるという。

 同社オンラインショップで販売し、ボディー価格は3万3800円(税別)、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」とのセットは4万9800円(税別)。

photo 「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」を装着した「OLYMPUS AIR A01」。カラーはホワイトとブラック

 マイクロフォーサーズ準拠のイメージセンサーとレンズマウントを搭載する“レンズだけ”デジカメ。スマートフォンと無線LAN/Bluetooth経由で接続し、スマートフォンの画面をモニターとして使いながら撮影する。

 撮影は専用アプリ(iOS/Android)から行う。各種設定をサポートする基本アプリ「OA.Central」に加え、さまざまなフィルターを楽しめる「OA.ArtFilter」や、デジタル一眼の操作系を再現している「OA.ModeDial」など8種類が利用できる。

photo スマホ連動で撮影

 サイズは56.9(幅)×57.1(高さ)×43.6(奥行き)ミリ、重さ約147グラム。microSDメモリーカードスロット(SDHC/SDXC対応)を備える。

 オープンプラットフォームをうたい、SDKのほか本体の3Dデータも公開。さまざまなアプリやアクセサリーの開発を促していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -