ニュース
» 2015年02月06日 15時34分 UPDATE

キヤノン、フルサイズ一眼世界最高5060万画素CMOS搭載「EOS 5Ds」発表 

キヤノンは、約5060万画素の35ミリフルサイズCMOSセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ「EOS 5Ds」「EOS 5Ds R」を6月に発売する。

[ITmedia]

 キヤノンは2月6日、約5060万画素の35ミリフルサイズCMOSセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ「EOS 5Ds」「EOS 5Ds R」を6月に発売すると発表した。フルサイズセンサー搭載一眼レフとしては世界最高画素数という。

 オープン価格で、実売予想価格(税別)は5Dsが46万8000円前後、5Ds Rが49万8000円前後。

photo EOS 5Ds

 独自開発のCMOSセンサーと映像エンジン「デュアルDIGIC 6」を搭載。超高画素ながら、最高約5コマ/秒の高速連写や常用感度ISO 6400相当(拡張でISO 1万2800相当)を実現しているという。高画素のメリットを引き出すため、ミラー振動制御システムによる振動ブレの低減なども図られている。

 静止画をつないで最長2分までの動画を自動的に作成する「タイムラプス動画」機能なども備える。

photo EOS 5Ds R

 5Ds Rは「ローパスフィルターレス」ではなく、ローパスフィルターを搭載しながら、その効果をキャンセルすることで解像性能を高めているモデル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -