ニュース
» 2015年02月20日 07時15分 UPDATE

Google、「Inbox」をiPad/Androidタブレット/Firefox/Safari対応に

Gmailチームが招待制で提供している新発想のメールアプリ「Inbox」が、米AppleのiPadとSafariブラウザ、MozillaのFirefox、Androidタブレットに対応した。Internet Explorerではまだ使えない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月19日(現地時間)、現在iPhone、Androidスマートフォン、Chromeブラウザ向けに招待制で提供しているメールアプリ「Inbox」を、iPad、Androidタブレット、Firefox、米AppleのSafariにも対応させたと発表した。

 inbox 1

 Inboxは、Gmail開発チームが昨年11月に招待制でリリースした新しいメールアプリ。メールだけでなくGoogleカレンダーやGoogle検索など一連の同社サービスでのアクティビティを反映させたリマインダー機能や独特のカテゴリ管理などを備える。

 Webアプリ版は、Inboxを利用できるようになっているGoogleアカウントでログインした状態でWeb版Inboxのサイトを開くことで利用できる。

 inbox 2 Chromeだけでなく、FirefoxとSafariにも対応した

 米MicrosoftのInternet Explorer(IE)にはまだ対応しておらず、IEでこのサイトを開こうとすると以下のようにChrome、Firefox、Safariのいずれかをダウンロードするよう促される。

 inbox 3

 Inboxの招待を受けるには、inbox@google.comにメールで申し込むか、既にInboxを使っているユーザーに頼む必要がある。

 Googleの1月29日の発表によると、Inboxユーザーの70%がAndroid端末で、28%がiOS端末で、34%がWebブラウザ(モバイル版との重複を含む)でこのメールアプリを利用しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -