ニュース
» 2015年02月23日 15時30分 UPDATE

ドコモ、「実質0円」のタブレット発売 8インチ「dtab d-01G」

ドコモから「実質0円」の8インチAndroidタブレット「dtab d-01G」が登場。

[ITmedia]

 NTTドコモは2月23日、8インチAndroidタブレット「dtab d-01G」を2月26日に発売すると発表した。ドコモオンラインショップ価格が実質0円(月々サポート適用)と安価で、2台目としての購入なら最大24カ月は実質月額1950円(税別)からと割安にし、2台目需要や同社コンテンツサービスの利用促進を狙う。

photo 実質0円のdtab d-01G

 中国Huawei Technologies製で、8インチ(800×1280ピクセル)液晶ディスプレイとAndroid 4.4、16Gバイトストレージを搭載し、LTE(Xi)による下り最大150Mbpsの通信が可能。microSDHC(32Gバイトまで)スロット、背面500万画素/前面100万画素のカメラも搭載する。

photo 2013年に発売した10インチdtab

 ドコモが「dマーケット」で展開する定額制動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」や電子雑誌の定額読み放題「dマガジン」など、同社のコンテンツサービスを利用してもらうコンセプトで開発した。

 2013年に発売した10インチ「dtab」はキャンペーン価格で9975円という割安さが話題になったが、それをさらに下回る。ドコモユーザーの2台目購入の場合、データプラン(2年定期契約で1700円)+シェアオプション(500円)+spモード(300円)で契約し、1台目契約のパケットパックデータ量をdtabとシェアすることで実質月額1950円で利用できるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -