ニュース
» 2015年02月24日 09時04分 UPDATE

Apple Pay対抗:Google、米3大キャリアの端末に「Google Wallet」をプリインストールへ

Googleが、AT&T、T-Mobile、Verizonが販売するAndroid端末にモバイル決済サービス「Google Wallet」をプリインストールすると発表した。また3社によるジョイントベンチャーSoftcardのモバイル決済技術をGoogle Walletに統合することで、「Apple Pay」に対抗する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月23日(現地時間)、米主要通信キャリア3社(AT&T Mobility、T-Mobile USA、Verizon Wireless)との提携により、NFCベースのモバイル決済サービス「Google Wallet」を3社の販売するAndroidスマートフォンにプリインストールすると発表した。なお、ソフトバンク傘下で米国でのシェア3位のSprintとは、2011年のGoogle Wallet立ち上げ段階から提携している。

 同社はまた、この3社が2010年に立ち上げたジョイントベンチャーSoftcard(旧ISIS)の技術を買収し、Google Walletに統合することも発表した。Softcardが保持する多数のモバイル決済関連の知的財産もGoogleのものになる。

 wallet Google WalletはNFC読み取り機で利用できる

 Softcardはカード会社のVisa、MasterCard、American Express、Discoverと提携しており、3キャリアが扱うNFC対応端末で利用できる。

 米AppleのNFC式モバイル決済サービス「Apple Pay」は現在、iPhone 6/6 Plusでしか利用できないが(4月に発売予定のApple Watchでも利用できる)、Google WalletはAndroid 2.3(コードネーム:Gingerbread)およびiOS 6以降の端末で利用可能だ。また、Apple PayはまだDiscoverをサポートしていない。

 pay Apple PayもNFC読み取り機で利用する

 モバイル決済サービスは米国でも2010年ごろから提供されているが、Apple Pay発表後に動きが激しくなってきている。韓国Samsung Electronicsは今月、Apple Payと競合する決済サービス「LoopPay」を買収した。同社はこのサービスを3月1日に発表するとみられる次期フラッグシップ端末「GALAXY S6(仮)」に搭載するとみられている。

変更履歴:当初、「Apple PayはiOS 6以降で」としていましたが、「Apple PayはiPhone 6/6Plusで」の誤りです。お詫びして訂正いたします。[2015/2/24 10:30]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -