ニュース
» 2015年02月25日 16時25分 UPDATE

「LINE」でタクシー配車「LINE TAXI」、22都道府県に拡大

「LINE TAXI」のサービスエリアが22都道府県に拡大。北海道や東北、関東甲信越、東海、関西、九州などの一部地域で利用できるようになった。

[ITmedia]

 LINEは2月25日、「LINE」アプリ上からタクシーを呼べるタクシー配車サービス「LINE TAXI」のサービスエリアを22都道府県に拡大したと発表した。従来から提供していた東京都(23区内・三鷹市・武蔵野市に対応)に加え、北海道や東北、関東甲信越、東海、関西、九州などの一部地域で利用できるようになった。

画像
画像 対象エリア(エリア内でも一部地域は対象外になる場合がある)

 日本交通と提携。東京版で対象となっていた約3340台の車両に加え、全国で日本交通が提携するタクシー事業者129グループが保有する合計約2万3000台が順次対象になり、「業界最高レベルのタクシー台数でサービス展開を図る」としている。配車エリアは今度も順次拡大する。

 東京版は1月に公開。「非常に多くのユーザー」が利用しており、2回以上利用したユーザーは全体の34%、3回以上は15%を超えるなどリピート率が高いという。

 LINE TAXIは、GPSなどで乗車位置を指定して配車を依頼でき、待ち時間の目安も地図上に表示される。支払いはLINEの決済サービス「LINE Pay」で行う仕組みで、降車時の支払いは不要だ(事前にLINE Payへのクレジットカード登録が必要)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -