ニュース
» 2015年02月27日 12時07分 UPDATE

Facebook、自殺防止対策を強化 メッセージでのアドバイスも

Facebookはユーザーの自殺防止対策として、自殺の疑いがあるとの報告のあったユーザーに、プロのカウンセラーや友達に相談するよう勧めるメッセージを表示するようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは2月26日(現地時間)、自殺や自傷行為をほのめかすユーザーを助けるための取り組みの強化について発表した。

 同社は2011年12月から、自殺の疑いのあるという報告のあったユーザーに対し、自殺防止ホットラインを年中無休で24時間運営しているNational Suicide Prevention Lifelineプロのカウンセラーとのチャットなどを勧めるメールを送信するといった自殺防止対策に取り組んできた。

 新たな機能として、自殺の疑いがあるとの第三者からの報告があったユーザーがFacebookにログインすると、以下のようなメッセージが表示されるようになる。

 suiside 「やあジェラルド。君の友達が、君が困っているみたいだから最近の投稿を見てくれとわれわれに頼んだんだ」(左)、「われわれにとって君は大切だから、必要なら君を助けたいんだ。君は1人じゃない──毎月多数の人にこうしたメッセージを送っているんだよ。君はどうしたい?」(右)

 このメッセージではプロのカウンセラーへの相談だけでなく、友達に相談するためのリンクや困難な状況に対処するためのTipsなどを紹介している。

 また、自殺の疑いのあるユーザーを報告したそのユーザーの友達に対しても、その友達にメッセージを送ったりプロのカウンセラーを勧めるための支援を提供する。

 こうした対策リソースは、医療専門家や研究者と協力して構築したという。

 新しい自殺防止策は、まず米国で向こう2カ月中に“ローリングアウト”し、米国外でも拡大していく計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -