ニュース
» 2015年03月02日 18時55分 UPDATE

画面を「見るだけ」でロック解除 富士通、虹彩認証搭載スマホの試作機を開発

スマホ画面を見たユーザーの目の虹彩を一瞬で読み取り、ロック解除が可能になる虹彩認証システムを搭載したスマートフォンを富士通が試作した。

[ITmedia]

 富士通は3月2日、スマートフォンの画面を見たユーザーの目の虹彩を一瞬で読み取り、ロック解除が可能になる虹彩認証システムを搭載したスマートフォンを試作したと発表した。スマートデバイスだけでなくセキュリティソリューションへの応用も可能としており、2015年度中の製品化を目指す。

画像

 虹彩は指紋のように各人固有で、2歳ごろからほとんど変化せず偽造も困難といった特徴がある。虹彩を読み取るには、赤外線LED照明で赤外線を照射し、赤外線カメラで眼球部分を撮影して登録・照合する。

 同社は新たに、専用の高出力な小型赤外線LED照明と赤外線カメラを開発。これまでの携帯電話開発で培ってきた生体認証技術やカメラ制御技術を活用し、日常のさまざまな環境で微細な虹彩パターンを確実に認証するシステムを実現したという。

 高速・高信頼性の虹彩認証エンジン「ActiveIRIS」(米Delta IDが開発)を採用。従来の虹彩認証システムは目と赤外線カメラを10センチ程度まで近づける必要があったが、通常のスマートフォン使用時の目とカメラの距離でも認証を可能にした。赤外線LED使用時の目の安全性も十分に検証しているという。

 試作機に搭載した虹彩認証技術は、スマートフォンやタブレットだけでなく、セキュリティソリューションへの適用を視野に入れた幅広い応用が可能という。今後、虹彩認証技術とその多様化について研究開発を進め、15度中の製品化を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -