ニュース
» 2015年03月09日 06時56分 UPDATE

Apple、ダウ平均構成銘柄に AT&Tと入れ替えで

証券市場の動きを表す指標として歴史のあるダウ平均の構成銘柄に、Appleが組み入れられ、代わりにAT&Tが除外される。昨年の株式分割により、Appleの株価がダウ平均の中間価格に近くなったためとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米S&P Dow Jones Indices(以下Dow Jones)は3月6日(現地時間)、米Appleをダウ工業株30種平均(Dow Jones Industrial Average;DJIA)に採用すると発表した。30種から落ちるのは米通信大手のAT&T。入れ替えは18日の取引終了後に実施する。

 dow

 DJIA(日本では「ダウ平均」「NYダウ」「ダウ工業株30種」などと呼ばれている)は、Dow Jonesが米国を代表する優良30銘柄を選出し、指数化したもの。1896年から実施されており、証券市場の動きを表すバロメーターとして広く浸透している。台頭する業種の変化などにより、銘柄が変更されることがある。

 Appleの株価は、突出した高値が平均への組み入れの障害になっていたが、昨年6月の7:1の株式分割でその障害が取り除かれた。

 Dow Jonesは発表文で「世界最大企業であり、テクノロジー業界のリーダーであるAppleは、DJIAにとって明確な選択だ」としている。

 AT&Tを除外する理由としては、現在通信銘柄として米VerizonとAT&Tの2社が入っており、いずれかの除外を検討した結果、株価が低いAT&Tに決定したと説明している。

 DJIAに入っているIT銘柄としては、IBM、Microsoft、Intel、Cisco Systemsがあり、Appleが加わると30銘柄中5銘柄がIT銘柄になる。

変更履歴:当初、現行IT銘柄としてHewlett-Packard(HP)を入れていましたが、HPは2013年9月の銘柄入れ替えで除外済みでした。お詫びして訂正いたします。[2015/3/9 9:30]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -