ニュース
» 2015年03月09日 12時44分 UPDATE

ビーコン利用の視覚障害者向け構内案内「Wayfindr」、ロンドン地下鉄で実験中

ロンドン地下鉄が、地下鉄構内の要所に設置したBluetoothビーコンの信号をスマートフォンアプリで受信し、骨伝導ヘッドフォンで音声案内する視覚障害者向け案内サービスを実証実験している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 英ロンドン交通局(TfL)は3月6日(現地時間)、ロンドン地下鉄のピムリコ駅で、Bluetoothビーコンを使った視覚障害者向け構内案内サービス「Wayfindr」を実証実験中であると発表した。

 wayfindr 1

 このサービスは、英国王立視覚障害者協会(RNIB)の要請を受け、デジタルサービス設計を手掛ける英ustwoが開発した。ビーコンは米Estimote製のものを使っている。

 wayfindr 2 Estimoteのビーコン

 ピムリコ駅構内の16カ所に設置されたビーコンからの信号をスマートフォンアプリWayfindrで受信し、ustwoのインドア位置情報技術でユーザーの現在位置を割り出して、骨伝導式ヘッドフォンで道案内する。現在は、エスカレーター、改札口、ホームへの道案内を音声で行う。

 wayfindr 3 Wayfindrセット

 TfLは今後も実験を続ける計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -