ニュース
» 2015年03月11日 13時48分 UPDATE

Googleのパトリック・ピシェットCFOが引退表明 結婚25周年で

Googleで7年間CFO(最高財務責任者)を務めたパトリック・ピシェット氏(52)が同社を去る。退社後は結婚25年目になる妻との時間を大切にするという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleで約7年もの間CFO(最高財務責任者)を務めたパトリック・ピシェット氏(52)が3月10日(現地時間)、半年以内に同社を辞めると自身のGoogle+で発表した。

 pat 1 パトリック・ピシェットCFO

 Googleが同日付で米証券取引委員会(SEC)に提出した文書によると、ピシェット氏は後任CFO探しと引き継ぎを完了してから退社するという。

 ピシェット氏は、1989年にMcKinsey & Companyでキャリアをスタートし、以降20年近く通信業界の財務、経営部門で経験を積んだ後、2008年にGoogleにCFOとして迎えられた。

 同氏は、「ワークライフバランスについて悩んでいる人々の参考までに」として退社を決めるに至った思考過程を説明した。

 「家族とより長い時間を過ごすために退社するというのはありふれた理由に聞こえると思うが」と前置きした上で、Googleでやるべきことはまだたくさんあると思ったが、主に3つの理由で引退を決意したという。

 1つ目は、2人の息子に手が掛からなくなって夫婦の時間が持てるようになったこと、2つ目は30年間ノンストップで働きづめだったこと、3つ目は今夏で結婚25周年になること。今後は夫婦で“バックパックを背負って旅を楽しむ”という。

 pat 引退を考えるきっかけになった妻タマラさんとのキリマンジャロ登山の写真(同氏のGoogle+より)

 「人生は素晴らしいが、私生活と職場、家族と会社の間のトレードオフは存在する。ありがたいことに、どうやら私は人生でこの難しい選択を強いられなくて済む段階にいると思う。Carpe Diem(ラテン語で「今を楽しめ」の意)」(ピシェット氏)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -