ニュース
» 2015年03月11日 20時28分 UPDATE

全キーを自由にカスタマイズできるキーボード「Trickey」 東大生が開発、Kickstarterで製品化へ

ゲーム専用カスタマイズキーボードの作成も可能に――ユーザーが好みの配列のキーボードをゼロから作ることができる「Trickey」を東大生が開発。製品化に向け、Kickstarterで資金を募っている。

[ITmedia]
画像

 東京大学大学院工学系研究科とロボットの受託開発などを手がけるキビテクは3月11日、ユーザーが好みの配列のキーボードをゼロから作ることができるモジュール式のカスタマイズキーボード「Trickey」を開発したと発表した。製品化を目指し、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で3万ドルを目標に資金の募集を始めた。

 東大工学部3年生の城啓介さんと小川徹さんが、電気系学科の講義「電子情報機器学」の課題として開発し、最優秀作品に選ばれたもの。必要最小限で最適なキー配置のキーボードをその場で作れ、オンラインゲーム専用やイラスト制作専用など、好みのキーボードとして利用できる。

 2×3の6つのソケットを持つボードユニットとキーユニットから成るモジュール構造で、ソケットにキーを差し込んで組み立てる。各キーはマイコンを内蔵することで対応文字を記憶しており、どのソケットに挿しても同じように機能する。キーはPCソフトから何度でも書き換えることができ、単一のキーで「Ctrl+Z」のようなショートカットを作ることも可能だ。


画像
画像

 モジュールはブロック玩具のように工具不要で自由に組み合わせられ、コネクタを介して四方向に拡張可能。キートップはクリアカバー付きで、デザインを自由に変更できる。

 オンラインゲームをプレイしたりペンタブレットでイラストを描く場合、キーボードの一部のキーのみ使い、ほかのキーは不要になることが多いが、Trickeyなら作業に必要な特定のキーのみを備えたコンパクトなキーボードを作成可能。「多くのゲームプレイヤーが望んでいた、自分の好きなゲーム専用にカスタマイズされたキーボードも作成できる」としている。体感できない程度まで遅延も抑えているという。


画像
画像

 城さんがにプロジェクトのマネジメントと筐体のデザイン、小川さんが主に回路設計とソフト開発を担当、約2か月の開発期間で主な機能を実現した。キビテクは、2人が開発したプロトタイプを基に量産のための電気回路・機械設計や製造、クラウドファンディングサイトへの投稿などを担当する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -