ニュース
» 2015年03月12日 16時24分 UPDATE

VAIO Phoneは「ストライクゾーンど真ん中」 端末代込み・LTE使い放題で月3980円 (1/2)

「ストライクゾーンど真ん中に直球を投げた」――VAIOブランド初のスマートフォン「VAIO Phone」が登場。スペックはミドルレンジ級ながらVAIOブランドと洗練されたデザイン、リーズナブルな通信料金で、顧客に積極的に選んでもらえるスマホを目指した。

[岡田有花,ITmedia]
画像

 「ストライクゾーンど真ん中に直球を投げた」――日本通信とVAIOは3月12日、VAIOブランド初のスマートフォン「VAIO Phone」を発表した。5.0インチのAndroid端末で、スペックはミドルレンジ級だが、VAIOブランドと洗練されたデザインを採用することで、顧客に積極的に選んでもらえるSIMフリースマホを目指した。

 端末単体なら5万1000円(税別)と価格もミドルレンジクラスだが、24回の分割払いなら端末代込み・月1Gバイトの高速通信(LTE)付きで月額2980円、高速通信使い放題なら3980円と、格安スマホ並みの低価格に抑えた。20日から出荷する。

VAIOがデザイン監修

 VAIO Phoneは、VAIOがデザインを中心に監修し、日本通信が販売するSIMフリースマホ。法人需要も意識したブラックボディで、表面・側面はガラス仕上げで高級感を演出し、側面はソフトタッチ塗装のマット仕上げで持ちやすく仕上げた。


画像
画像

 OSはAndroid 5.0。ディスプレイは720×1280ピクセル(HD)表示、CPUはクアッドコア1.2GHz、内蔵ストレージは16Gバイト(RAM 2Gバイト)、バッテリーは2500mAh。音声通話とデータ通信に対応した専用のmicroSIM「VAIO Phone専用SIM」を提供。テザリングにも対応する。

 今後、日本通信のさまざまなサービスに対応する予定。03番号(03-xxxx-xxxx)で電話できる「03スマホ」の機能や、ヘルスケア関連機能、業務用スマートフォンとして使うためのセキュリティ機能などに対応していく計画だ。

 日本通信からVAIOに声をかけて実現した。VAIOは「リソースや通信技術も限定的」(関取高行社長)なため、ベースとなる海外メーカー製端末に、デザインと一部のエンジニアリングを提供している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -