ニュース
» 2015年03月13日 18時54分 UPDATE

踊りや動きを楽しめる手のひらサイズのロボットドール「iDoll」 博報堂がプロトタイプ発表

博報堂が手のひらサイズのロボットドール「iDoll」のプロトタイプを発表。15個のマイクロモーターと10個の関節を備え、歌に合わせたダンスやアクションを楽しめる。

[ITmedia]

 博報堂は3月13日、ロボットドール「iDoll」のプロトタイプを発表した。スマートフォンアプリから操作でき、アクションや歌に合わせたダンスなどを楽しめる。さまざまなキャラクターへの展開が可能になっており、製品化に向けて量産化と販路開拓を共同で進めるパートナーを募っている。

photo

 同社のプロジェクト「monom」(モノム)がロボティクスベンチャーのユカイ工学(東京都新宿区)と共同開発。高さ15センチの手のひらサイズに15個のマイクロモーターと10個の関節を備え、ダンスやあいさつ、一発ギャグなどさまざまな動きを音声とともに再生できるという。

 操作はスマートフォンアプリから行い、ダンスや漫才など好きな動作プログラムを選んで再生できる。複数台を同期させて同時に動かすことも可能だ。動作プログラムを直感的に作成できるというPC用ソフトや、動きデータを共有できるコミュニティサイトも開発する予定。

 PRのため、プロトタイプを活用したアイドルユニット「あい☆どーるず」も作った。音楽に合わせて踊るミュージックビデオを公開している。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -