ニュース
» 2015年03月16日 07時59分 UPDATE

Twitter、急成長中のサードパーティーアプリMeerKatを制限 競合買収後に

Twitterが、急成長しているサードパーティー製ライブストリーミングアプリ「MeerKat」のTwitterのソーシャルグラフへのアクセスを遮断した。Twitterは1月末にMeerKatと競合するPeriscopeを買収しており、MeerKatが開発者ポリシーに抵触すると判断したようだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterが、Twitterのソーシャルグラフを利用して急成長中のライブストリーミングアプリ「MeerKat」のソーシャルグラフへの接続を遮断した。

 Twitterは3月14日(現地時間)、米メディアBuzzFeedに対し、内部ポリシーに準拠してMeerKatからTwitterのソーシャルグラフへのアクセスを制限したと説明した。

 MeerKatは、同名の米新興企業が2月末にApp Storeで公開したライブストリーミングアプリ。Twitterのソーシャルグラフを利用しており、MeerKatでライブストリーミングを開始すると、そのユーザーのTwitterフォロワーのタイムラインにストリーミングの告知が自動的に投稿されるようになっていた。

 meerkat

 操作のシンプルさやTwitterのソーシャルグラフの活用などにより、米Wall Street Journalによると、公開後2週間で12万人のユーザーを獲得したという。

 TwitterがMeerKatによるソーシャルグラフ利用を遮断したのは13日。MeerKatの創業者であるベン・ルービンCEOは米Fast Companyのインタビューで、「われわれはナイーブではないので、Twitterがいずれこうした措置を取ることは覚悟してはいたが、遮断するわずか2時間前に告知してきたのはフェアとは言えない」と語った。

 Twitterの開発者ポリシーには、「コアとなるTwitterエクスペリエンスの複製を避ける」という文言があり、Twitterと同じ機能をアプリに持たせることを認めていない。

 Twitterには現在、ライブストリーミング機能はないが、1月末にMeerKatと競合するアプリを開発中の米Periscopeを買収した。Twitterは買収について発表することが少ないが、同社のプロダクトマネジャーが14日、Periscopeのツイートをリツイートする形で買収を認めた。

 MeerKatでできなくなったのは、フォロワーへのライブストリーミングの自動告知のみで、Twitterアカウントでのサインアップなどは現在も可能だ。MeerKatはソーシャルグラフから遮断された翌日、米Mediumで、ユーザーベースが30%増加したと発表した。

 Twitterで「#MeerKat」を検索すれば、多数のライブストリーミングの告知を見ることができる。アプリをインストールしていなくても、MeerKatにサインアップすればWebブラウザでもライブを視聴できる。

 meerkat 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -