ニュース
» 2015年03月16日 15時52分 UPDATE

実在の新幹線が変形するロボット「シンカリオン」現る JR東監修、タカラトミーがプラレール発売

 E5系など実在の新幹線が変形するロボット「シンカリオン」がJR東日本監修で登場。変形するプラレールも発売される。

[ITmedia]

 E5系など実在の新幹線が変形するロボット「シンカリオン」がJR東日本監修で登場する。タカラトミーが「プラレール」シリーズで発売するほか、小学館グループの雑誌やWebなどを通じ長期的に展開していく。

photo (c)プロジェクト シンカリオン/JR東日本

 「新幹線変形ロボ シンカリオン」は「正体不明の巨大な敵に立ち向かうため、日本の夢と技術が詰まった新幹線をベースに開発されたロボ」という設定。7月にプラレール「シンカリオン E5はやぶさ」を第1弾として発売(税別4000円)し、その後「E6こまち」「E7かがやきなどラインアップを順次拡大する。

photo (c)プロジェクト シンカリオン JR東日本商品化許諾済 (c) TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

 シンカリオンE5(イーファイブ)はやぶさは「新幹線超進化研究所が開発した最初のシンカリオン」。「脚部のスラスターが特徴で、大ジャンプと空中での高速機動が可能。ウイングを背中に装備することでその性能はさらに強化される。脚部にあるツメも強力で、空中から繰り出されるキックは、まさに『はやぶさ』のようにどんな相手も逃さない」という。武器は「カイサツソード」で、胸部ユニットからビームを放つ「グランクロス」(「グランクラス」ではない)が最大の必殺技となっている。

photo
photo
photo
photo

 JR東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社原案。Webサイトではアニメーション映像を配信するほか、雑誌「てれびくん」での記事連載、テレビ番組「おはスタ」(テレビ東京系)での情報発信、鉄道博物館でのイベントなどを通じ長期的に展開していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -