ニュース
» 2015年03月17日 16時35分 UPDATE

任天堂とDeNA、資本・業務提携 任天堂IP活用のスマホ向けゲームアプリを共同開発へ

任天堂とDeNAが資本・業務提携で合意。任天堂IPを活用したスマホ向けゲームアプリや会員制サービスを共同開発し、両社で株式を持ち合い、関係を強化する。

[ITmedia]
photo 資本・業務提携を発表する任天堂の岩田聡社長(左)とDeNAの守安功社長

 任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)は3月17日、業務・資本提携することで合意した。任天堂IP(知的財産:ソフトやキャラクター)を活用したスマートデバイス向けゲームアプリを共同開発・運営するほか、多様なデバイスに対応した会員制サービスを今秋の開始を目指して共同開発する。

 業務提携では、「マリオ」など家庭用ゲーム機で創出した任天堂の強力なゲームタイトルとキャラクター、「Mobage」を展開するDeNAのインターネットサービス、スマートフォン向けゲーム開発ノウハウを組み合わせ、世界市場向けに展開していく。

 任天堂IPを活用したスマートデバイス向けゲームアプリを新規に開発・運営する。任天堂はユーザーが自社IPに触れる機会を増やすことができ、DeNAは任天堂IPの活用でモバイルゲーム事業を世界的に強化できるとしている。

 両社はスマートフォン/タブレットのほか、PCなど多様なデバイスに対応した新基幹システムを構築し、会員制サービスを今秋の開始を目指して共同開発する。任天堂は会員制サービス「クラブニンテンドー」を終了し、新サービスを今秋に開始すると予告していた

 関係を中長期にわたって強化するため、任天堂はDeNAから発行済み株式の10%分に当たる自社株式を第三者割当により220億円で取得する。一方、任天堂もDeNAに株式の1.24%分に当たる自社株式を220億円で割り当て、両社で株式を持ち合う。第三者割当の払い込みは4月2日付け。

photo 記者会見では新ゲーム機プラットフォーム「NX」の開発も発表

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -