ニュース
» 2015年04月15日 16時43分 UPDATE

ニセ「D4S」も見つかる ニコン、一眼レフの不正改造品に注意呼び掛け

ニコンの製デジタル一眼カメラの不正改造品を確認したとしてニコンが注意を呼び掛けている。改造品に同社の保証規定は適用されないため、点検、修理はできないという。

[ITmedia]

 ニコンはこのほど、同社製デジタル一眼カメラの不正改造品や模倣品が、同社サービス機関に修理のため持ち込まれる事例を確認しているとし、注意を呼び掛けた。不正改造品・模倣品に同社の保証規定は適用されないため、点検、修理はできないという。


画像画像 正規品のD4(左)とD4S

 不正改造品はネットオークションなどで流通しているとみられ、「D800」に「D800E」の外観カバーを不正に換装して「D800E」をうたう改造品や、「D4」に「D4S」の外観カバーを不正に換装した改造品、「D7100」に「D610」の銘版などを不正に換装した改造品などを確認しているという。

 真のカメラ名は、カメラの液晶ディスプレイの1コマ表示モードで「統合表示」にした際に右上に表示される。

画像 「統合表示」でカメラ名を確認できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -