ニュース
» 2015年04月20日 16時40分 UPDATE

机がどこでもタッチパッドになる「ODiN」 なぜかロボット顔

机の上をどこでもタッチパッドにしてしまう「ODiN」がKickstarterに登場した。

[ITmedia]

 机の上がどこでもタッチパッドになる「ODiN」がKickstarterに登場した。机の上にタッチパッド領域を投射、そこをなぞることでPC操作が行える仕組みだ。

photo

 枠をレーザーで投射し、指の動きは赤外線で検知する仕組み。投射によるバーチャルキーボードのタッチパッド版といったところだ(メーカーは「世界初のプロジェクションマウス」と呼んでいる)。

photo ロボット顔だ

 ポインタ操作と左右クリックのほか、上下になぞることで縦スクロールしたり、ピンチイン/アウトによるズームなどが通常のタッチパッドのように行える。PCとの接続はUSB。

 サイズは5(高さ)×4(幅)×2(奥行き)センチ、重さ40グラムと、通常のマウスより小さく、持ち運びに便利だとしている。

 開発は台湾のSerafim。56ドル超の支援で1つ入手できる。4月20日時点(残り18日)で、目標5万ドルに対し8万8000ドル超が集まっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -