ニュース
» 2015年04月24日 16時51分 UPDATE

「もらしちゃった」を防いでくれる――世界初の“排泄予知”ウェアラブル端末「DFree」

排便タイミングを事前に知らせてくれるウェアラブル端末がクラウドファンディングに登場。開発者自身も「うんこを漏らしたことがあり」、「人類の尊厳を守りたい」という。

[ITmedia]

 「トイレがない! 漏れちゃう……」――そんな悲劇に陥ることを防いでくれるという世界初の“排泄予知ウェアラブル端末”こと「DFree」が、クラウドファンディングサイト「READYFOR」に登場した。現在、製品化に向けて1200万円の開発資金を募っている。

photo DFree

 腹部に装着すると超音波で体内の動きを検知し、排便(大/小)のタイミングをBluetooth経由でスマートフォンに通知する仕組み。「現在、○%溜まっています。○分後にトイレの時間がきます」と、排泄するまでの時間を事前に知らせてくれるという。

photo
photo アプリ画面
photo DFreeを手に説明する中西代表

 開発したトリプル・ダブリュー・ジャパンの中西敦士代表は、「私自身もうんこを漏らしたことがあります。 外に出かけるのが怖いと感じるようになりました」と振り返る。「自宅を出る前に分かっていれば、漏らすことはなかった」――と、DFreeの開発プロジェクトを立ち上げたという。

 お腹をこわしやすい人のほか、高齢者や障害者などトイレへの移動が困難な人、自身の排泄サイクルを知りたい人、育児のトイレトレーニング――など幅広い用途を想定。利用シーンに応じて(1)DFree(尿専用)、(2)DFree(便専用)、(3)DFree(尿&便専用)の3種類を開発する。

 専用スマートフォンアプリ(iOS/Android、無料)では、ユーザーの排泄タイミングを記録・学習。今後「トイレに行けば行くほど、お知らせするタイミングの正確さが向上する機械学習」機能も搭載予定という。

 「われわれは人々の尊厳を守ります。今日もどこかで漏らしている人がいて、排泄に悩んでいる人がいる。その方々の負担を軽減するために、一刻も早く、『DFree』をお届けすることを最優先に考え、今日も研究開発を進めております」(中西代表)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -