ニュース
» 2015年05月01日 07時30分 UPDATE

Microsoftの顔写真での年齢/性別当てサイトが人気に(Azureのデモで)

Microsoftがビッグデータ解析サービスのデモとして紹介した顔写真から年齢と性別を当てるWebページ「How-Old.net」を公開した。Build 2015の基調講演での紹介中、リアルタイムで世界中から顔写真がアップロードされた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftがクラウドベースの機械学習ツール「Azure ML」やビジネス分析ツール「PowerBI」のデモのために公開した顔写真から年齢と性別を判定するWebページ「How-Old.net」が人気だ。

 写真を選ぶと、その写真に写っている顔を認識し、性別と年齢を表示するというものだ。

 face 1

 このページは、同社が開催中の年次開発者会議「Build 2015」の2日目の基調講演で紹介された。情報管理および機械学習担当副社長のジョセフ・シロシュ氏がAzureによるビッグデータ解析のデモの中でこのサイトを紹介し、「みなさんもご自分の写真をスマートフォンやPCからアップロードして試してみてください。特にこの基調講演をご自宅で見ている方は」と語った数秒後、スクリーンに表示されたリアルタイムダッシュボードのアクセス数のグラフが急角度で伸びた。

 face 2

 このサービスは、「Azure Marketplace」の顔認識API、PowerBI、Azure Stream Analyticsを使って構築したという(詳細はこちらのブログ)。

 当初、人々が自分の顔写真を気軽にアップロードするとは思わずにサンプルを用意し、またWeb上の画像を検索して試せるツールも用意したが、結果的には多数の新たな顔写真がアップロードされたという。

 face 3 検索結果で表示されたサティア・ナデラCEO(実際には47歳)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -