ニュース
» 2015年05月11日 12時09分 UPDATE

約1000円の超小型コンピュータ「C.H.I.P.」登場 1GHzプロセッサにWi-Fi&Bluetooth搭載

9ドルという安価な超小型コンピュータ「C.H.I.P.」が登場。1GHzプロセッサにWi-Fi&Bluetoothなどを搭載するスペックながら、中国のチップメーカーの協力で安価にすることができたという。

[ITmedia]

 9ドル(約1000円)という安価な超小型コンピュータ「C.H.I.P.」がKickstarterに登場した。1GHzプロセッサに無線LANとBluetooth通信機能を装備するなど、スペックも本格的だ。既に目標額を大きく上回る資金を調達する人気プロジェクトになっている。

photo

 開発したのは米スタートアップ企業のNext Thing。40×60ミリのボードに、1GHz動作のARM互換SoC(中国Allwinner Technology製)、512MバイトRAM(DDR3)、4Gバイトストレージ(NANDフラッシュメモリ)を搭載するほか、USBポートとRealtek製の無線LAN&Bluetoothチップ、HDMI&VGA出力アダプタ用ポートなどを備える。マウスとキーボード、ディスプレイを接続して通常のLinuxベースPCのように使うなど、アイデア次第でさまざまな開発に使えそうだ。

photo

 Kickstarterでは9ドルで「C.H.I.P.」1つ、19ドルで「C.H.I.P.」とVGAアダプタ、24ドルで「C.H.I.P.」とHDMIアダプタが入手できる。「C.H.I.P.」を搭載したハンドヘルドコンピュータ「PocketC.H.I.P.」も49ドルで入手できる。出荷は来年5月以降という。5月11日時点で、26日を残して60万ドル超を集めている。

 この値段で元が取れるのかどうかは謎だが、「Make:」が掲載したインタビューによると、ARM互換チップメーカーを供給するAllwinnerの全面的な協力で実現できているのだという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -