ニュース
» 2015年05月12日 13時03分 UPDATE

「フィボナッチ時計」現る 時刻をフィボナッチ数の正方形で表現

数字の盤面はなく、フィボナッチ数に基づく正方形の組み合わせで時刻を示すという「フィボナッチ時計」がKickstarterに登場し、人気になっている。

[ITmedia]

 フィボナッチ数に基づく正方形の組み合わせで時刻を示すという「フィボナッチ時計」(Fibonacci Clock)がKickstarterに登場し、目標を大きく上回る資金が集まっている。

photo フィボナッチ時計

 フィボナッチ時計には数字の文字盤はなく、表面にはステンドグラスのようなカラーの正方形があるだけ。知ってる人はピンとくると思うが、この正方形はフィボナッチ数のうち「1、1、2、3、5」までの数を1辺とする5つの正方形だ。

 正方形はそれぞれ色を変化させることができ、正方形が表す数と色の組み合わせで「時」と「分」を示すという仕組みになっている。

 ただし時刻を読み取るには頭の中で若干の計算がいる。「時」は「赤+青」で、「分」は「(緑+青)×5」(5分刻みなので5をかける)で表される(白は無視)。

 例えば「9時25分」の場合=図の左上=、「時」は赤(5と1)+青(3)で「9」、「分」は緑(2)+青(3)に5をかけて「25」──といった具合だ。

photo 時刻表現の例

 明確に「ナード向け時計」をうたっていることもあり、「使えねーよ!」的なツッコミはNGなのだ。ArduinoでLEDを制御することで実現しており、サイズは20(幅)×12.5(高さ)×10(奥行き)センチ。

 完成品は115ドルから、基板と電子パーツのキットが55ドルから、など。5月12日時点で、24日を残して目標5000ドルを大きく上回る11万ドル超が集まっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -