ニュース
» 2015年05月20日 17時00分 UPDATE

レゴに組み込める超小型コンピュータモジュール「Microduino mCookie」

レゴブロックと組み合わせて工作が楽しめるという超小型コンピュータモジュール「Microduino mCookie」が登場。

[ITmedia]
photo

 レゴブロックに組み込み可能な超小型コンピュータモジュール「Microduino mCookie」がKickstarterに登場した。モジュールを積み重ねたり、レゴと一緒に工作するなどさまざまな活用が可能だ。今年7月から出荷できる予定という。

 Arduino互換のコンピュータモジュール。2013年にコイン大のモジュールとして登場し、約20万ドルを集めた「Microduino」の新プロジェクトだ。

 プロセッサを搭載するコア部分やBluetooth、無線LAN、NFC、USB、microSDカードスロットなどのインタフェース、GPS、音源などの機能ごとにモジュール化されており、用途に応じて組み合わせて使う形になっている。モジュールの色はコアは赤、インタフェースは青といった具合に、役割によって分けられている。

photo さまざまなモジュール

 モジュール同士はポゴピンで接続するが、モジュール内の四隅に磁石が仕込んであり、簡単にくっつけることができるという(向きが誤っている場合は反発するので分かる仕掛け)。

photo レゴに組み込んだミュージックボックスの例

 特徴はレゴブロックとの互換性。レゴブロックにかみ合う固定ピンをサイドに備えており、モジュールごとレゴブロックに組み込めるようになっている。用途ごとに自由に組み合わせができるモジュールと、市販のレゴを使ってさまざまな工作が楽しめそうだ。

 ベーシックキットが早期68ドル/通常78ドルから。4万ドルのゴールに対し残り28日で4万6000ドル超が集まっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -