ニュース
» 2015年05月25日 17時20分 UPDATE

住みたいエリアの物件、まとめて地図上でチェック「Bing不動産」 マイクロソフトとSUUMOが連携

地図からの検索に特化した住宅情報検索サービス「Bing不動産」を日本マイクロソフトとSUUMOが開発した。

[山崎春奈,ITmedia]

 日本マイクロソフトとリクルート住まいカンパニー(SUUMO)は5月25日、地図から住宅情報を検索できるサービス「Bing不動産」をリリースした。

photo Bing不動産

 SUUMOに掲載されている全物件が対象。マンション(新築/中古)、一戸建て(新築/中古)、賃貸の5ジャンルに分かれており、表示した地図内で該当する物件をピンで表示する。最寄り駅に明確な条件がない、公園や施設など周辺環境を確認しながら検討したい――など、従来のテキスト検索とは異なるニーズに対応する。物件情報の詳細までは同サービス上で確認でき、資料請求はSUUMOのWebサイトで行う。

photo 左下のスライダーを動かして条件を絞り込む

 地図検索に特化し、視覚的・直感的な操作にこだわるのが特徴だ。物件の絞り込みには「価格」「専有面積」「駅徒歩」の3つのスライダーを用い、画面遷移や入力の必要なく条件にあった物件を表示できる。「コンビニ」「スーパー」「本屋」「病院」など、生活に便利な施設をピンする機能で周辺環境も確認できる。

 物件検討に役立つ2次情報は「オーバーレイ機能」で表示する。現時点では、都市計画に基づいた繁華街・住宅街など土地利用の様子が分かる「用途地域」、平均地価を示す「地価公示価格」の2種が利用できる。今後「賃料ヒートマップ」などさまざまな関連情報を追加していく予定だ。

photo コンビニ、スーパー、郵便局などのアイコンは表示/非表示を切り替えられる
photo 「用途地域」をオーバーレイした様子

 物件情報画面からWeb検索も可能。別ウインドウを立ち上げることなく、地図を見ながら、目当ての物件の口コミや地域の関連情報などをページ内で検索できる。

 PC版のみでサービスを開始し、スマートフォンやタブレット向けは今後検討するという。職場が異なる共働き夫婦など、物件検討の主要な意思決定者が複数いる時に、さまざまな条件から“落としどころ”となりそうな物件候補をサジェストする「パワーバランス検索」(仮称)など新機能も随時追加していく。

 日本マイクロソフトの佐藤賢アドバタイジング&オンライン統括本部マーケティング部長は「SUUMO含め、他の不動産サイトにも『地図から検索』というメニューはあるが、あくまでリスト検索の補完という位置付け。地図を中心に情報を見せることで、具体的な物件の検索だけでなく、次に住むエリアの検討から広く使ってもらえれば」と話す。

 日本マイクロソフトは「Bing不動産」を第1弾として、法人向け地図APIソリューション「Bing Maps for Enterprise」の日本語版Webサイトを26日にオープンする。Bingのプラットフォーム戦略として、地図だけでなく検索や翻訳も含めたAPIの外部活用を進め、今後は飲食分野や旅行分野などとの連携も検討する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -